見市川温泉・河原の湯

  • 場所 熊石町
  • 料金 無料
  • 形態 野湯
  • 訪湯 2017年9月21日 11:00



追分ソーランラインと呼ばれる国道229号線を、熊石町で右折して国道277号線に入り、八雲町方向に10分ほど走ると、明治初年から経営しているという見市温泉があります。

ただし、今日の目的はここではありません。この温泉の近くにグーグルMAPにも載っていない秘湯があるらしいのですが・・・

その入り口がわかりません。277号線沿いのどこかのダート道を入っていくらしいのですが・・・

ここか?

家みたいのが見えますが・・・普通の家でした。

その脇を熊が気になりながらもどんどん入っていくと、

通行止めになってますが

右端からすり抜け・・・ん?見市二股林道と書いてあります。

なんか違うような。



じゃ、ここはどーだ。

青の1号をダート道の中に入れると、

ちょっとこの先、車は危険そうです。

ぐじゃぐじゃの道を歩いていくと、

どんどん川の方に下っていきます。

濁流が流れたような急こう配の跡をなおも下っていくと、

おお、右側に二股ラジウム温泉で見たような温泉湯華のドームのようなものが見えます。

ここに間違いありません。

そして、川べりに浴槽らしきものが見えます。

そうです。ここが温泉マニアの間で名高いという秘湯・見市川温泉河原の湯です。

さっそく全裸になり・・・

どーりゃああ、ざぶん

おお、いい湯ですぜ。ちょっと浅いけど。

湯船ビューです。

見市川のオゾンが満ち満ちてます。見上げると温泉湯華のドームが良く見えます。

ちなみにぬかるんだ泥に足跡が一つもなかったので、少なくともこの2-3日の間には誰も訪れていないと思います。

ここは北海道の野湯の中でも10指に入る名湯ではないかと思います。

にほんブログ村 温泉・温泉街

60歳代人気ブログランキングへ

<お知らせ>

  • この旅の詳しい様子は青の風に吹かれてをご覧ください。
  • ツイッター始めました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です