恐山温泉・花染の湯

  • 場所 青森県むつ市
  • 料金 500円
  • 形態 共同浴場
  • 訪湯 2017年11月2日 14:00




マグロ一本釣りの町・大間から海岸線を南下し、途中から県道4号線に入り、

こんなウネウネした山道を30分ほど南下していくと、湖が見えてきます。何やら霊気が漂っているよーな・・・

もしかして魂みたいなのが写ってないでしょうか。

さらに近づくと強烈な硫黄臭が車中に入ってきます。

怪しげな像が出迎えてくれます。

ようやく到着です。

恐山菩提寺です。



実はここに素晴らしい温泉があるのですよ。

前の写真の建物の下をくぐると・・・これです。

すごいでしょ。こんなところに温泉があるのです。

え?わかんない。

真ん中の道を隔てて左側と右側に△屋根の小屋があるでしょ。左が女湯で右が男湯です。

女湯

男湯

そして、混浴はどこにあるかというと、目立たないようひっそりと別な場所にあります。


入口の山門をくぐって右のほうに歩いていくと、宿泊所があり、

建物の向こう側を左に曲がると、

混浴温泉です。ただの観光客にはまずわかりません。

・・・

しかし、残念なことが。

大間行のフェリーの中で、恐山温泉を調べていたらなななーんと、

10月31日お終いでえす。

と書いてあるじゃないですか。

なんという。わざわざこの温泉のために大間行のフェリーに乗ったのに。



でもまあ、せっかくここまで来たんだから試しに扉を開けてみると

開くじゃないですか

・・・

勝手に入っちゃっていいんでしょうか。

誰も入った形跡がないんですけど。後で、亡くなった方とかイタコの方の祟りとかないんでしょうか。

えーい、開けてく方が悪いのだ、ざぶーん!

とカメラをセットして入ったまさにその瞬間です。

ガラガラ

と、戸が開き

・・・

イタコが

・・・

いや、

・・・

女性が入ってきたのです。

・・・

 

 

むつ市に以前住んでいて、旦那さんが関東に転勤になり引っ越したのですが、久しぶりに遊びにきたそうです。

でも、むつに住んでた時には毎朝のように来てたとか。女湯があるのになぜこっちに来るかというと、断然混浴の方がお湯がいいそうです。

突然入ってきたので、慌ててカメラをしまったのですが、機械類は境内に持ち込まないほうがいいみたいですね。硫黄が強烈ですぐにダメになるそうです。境内のテレビも年に4回ぐらい買い替えるらしいです。

NETでは10月末までと書いてありましたが、もうすぐこの寺自体を閉鎖するそうです。だから今は引っ越しの真っ最中だとか。

実は、温泉はやってないだろうと素通りするつもりだったのですが、来てみてよかったです。

露天はありませんでしたが、年季を感じさせるいい温泉でした。

 

<お知らせ>

この旅の詳しい様子は青の風に吹かれてをご覧ください。

温泉・温泉街ランキング
定年後の暮らしランキング
キャンプランキング




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です