甲子温泉・大黒屋旅館

  • 場所 西郷村
  • 料金 700円
  • 形態 旅館
  • 訪湯 2017年11月14日 10:00

今日のターゲットは、20分ほどの甲子(かし)温泉です。およそ630年前に発見されたらしい歴史ある温泉です。

観音沼森林公園から国道を下ってくると、トンネルの手前に看板が出ています。

ここを下って行くのですが、看板に「冬季間スタッドレスタイヤ(4WD)が必要です」と書いてあるように、ものすごい急坂です。

↑橋の左側から来た

雪などが積もっていたら、途中で一回止まればおそらく4WDでも無理でしょう。



白河藩主松平定信公が愛したという奥甲子の一軒宿 、甲子温泉・大黒屋旅館です。

名前の通りどっしりした作りです。

歴史を感じさせるロビーです。

柱も太いです。

長い廊下と

階段を下り、

タイムトンネルのような

長い階段を降りていきます。

さらに、階段を降りると、

ようやく到着です。

これが世に名高い大岩風呂の湯屋です。

暖簾を分けてドアを開けると

右側に脱衣所があって

いきなり

混浴温泉です。

天井をご覧ください。歴史を感じさせます。

鳥居もあります。

そして、温泉は

無色透明です。透き通ってます。

これまでが色の付いた温泉ばかりだったので新鮮です。

ふー、いー湯ですぜ、ダンナ。

若干ぬるめです。雰囲気的には、青森の酸ケ湯をこじんまりさせたような感じですかね。

そして、その外に露天(プール)があるのですが、

お湯が入っていませんでした。

でも、あくまでもこの温泉のメインはこの大岩風呂なのであまり関係ありません。



内風呂です。

誰もいません

・・・

露天もあります。

内風呂を後にし、時間差で大岩風呂に戻ると

・・・

お爺さんが4人入ってました。

 

<お知らせ>

この旅の詳しい様子は青の風に吹かれてをご覧ください。

温泉・温泉街ランキング
定年後の暮らしランキング
キャンプランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です